News

UXデザイン研究室の学生が日本人間工学会 関東支部第47回大会 第23回卒業研究発表会にて発表奨励賞を受賞

UXデザイン研究室の栗林 泰良さんが、日本人間工学会関東支部第47回関東支部大会・第23回卒業研究発表会において発表奨励賞を受賞しました。

指導教員

吉武 良治 教授

学会名

日本人間工学会 関東支部第47回大会
第23回卒業研究発表会

受賞者

image

栗林 泰良 さん(デザイン工学科4年)

賞名

発表奨励賞

発表題目

熟練者の視線情報を活用したスキル習熟支援 ~e-Sportsの種目を題材に~

研究内容

研究目的

e-Sports(競技性のあるビデオゲーム)のスキル習得を支援する、ひとつの要素として競技者の「視線」に着目し、初心者と熟練者が競技中に取得している情報の違いを、視線データをもとに調査・分析することで、習熟にかかる時間の削減に貢献するための要素を抽出することを目的とした。

研究内容

e-Sportsの種目となっている「TETRiS」を対象として熟練者、初心者双方のプレイ中の視線情報を取得し、主に弁別視野、有効視野という観点で詳細に分析した。熟練者が有効視野を効果的に活用していることがわかり、初心者に対して習熟時間短縮に向けた具体的なガイド提示の可能性を示すことができた。

評価の概要

論文としての体裁が、きちんと整っていること、実験方法や評価方法などがわかりやすく明示され、結果、考察が明確に提示されていることが評価された。