デライトデザイン研究室

デジタル技術による製品デザインとその最適化

担当教員:早房 敬祐

デザイン工学とはデザインを工学的に追及することであり、当研究室の研究テーマです。具体的には感性工学・人間工学・材料力学・数値シミュレーション等の技術を駆使し、デザイン性・快適性・安全性・高機能性を兼ね備えた製品を設計・開発します。さらに3Dプリンターによって実際に製品を製造し、その性能の評価も行います。

cover

インタビュー動画

社会のために

トポロジー最適化技術と3Dプリンターを組み合わせてこれまでにない製品を開発し、従来の性能を凌駕するような製品で社会に貢献します。

近年の卒業研究テーマ

  • 動的陽解法による圧潰解析の高精度化

  • 3Dプリンタにおける積層条件の最適化

  • 3Dプリンタ材料のキャビテーション壊食特性の解明

  • 最適化設計により造形したラティス構造物の耐久性評価

  • 数値シミュレーションを用いた椅子の快適設計

  • 積層造形を用いたラティス構造の強度および快適性の評価

  • サッシの高断熱化のための数値シミュレーション

学べる分野

[デザイン工学] [機械工学]

キーワード

[トポロジー最適化] [強度評価] [応力解析] [AI]

所属学会

[日本機械学会] [日本材料学会]

関連リンク